« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

カルロスの本馬ブック=中山記念/阪急杯

本日休みが急遽仕事になっちゃった。

簡単に予想をどうぞ。

◆中山記念

◎フランツ

○ヒシイグアス中心に

▲トーセンスーリア

★サンアップルトン

△2*4*7*11*12*13と蛯名の10

蛯名騎手お疲れ様でした

天皇賞や有馬

色々あった好騎乗

中ではディーマジェスティの皐月賞

予想もバッチリてした

最後まで頼みますね

◆阪急杯

こちら3強は外せない

ダノン▲レシス△インディ○

◎は捻ってカツジ

△メイショウキョウジ、チタン

Box は必要か

カルロスの本馬ブック=フェブラリーS(GⅠ)

日曜は仕事のため生では観れない。

まあ誘導馬サクセスブロッケンで

儲かったぐらいしか記憶ないから

観なくて正解かもね(^_^;)。

では予想です。

◆フェブラリーS(GⅠ)

人気は割れてる

ならば

◎ソリストサンダーで足りるか

地味めながら堅実に上位入着

マイルも2着2回なら大仕事を期待しよう

○オーヴェルニュ

丸山はこの馬で勝っているのに

騎手で嫌われるなら買いだ

▲レッドルゼル

★ヘリオスに変更

ミルコの実績があるレース

今年も勝ち星は伸び悩んだが

彼の調子はようやく上向き

馬も距離克服可能なら一発あるか

△エアスピネルも捨てきれない

3*6*7*9*12*

◆小倉大賞典

この舞台を待ちわぴていた

ドゥオーモに◎

久々だが仕上がりもいいらしい

○ボッケリーニ

▲カデナ

★アールスター

△2*3*7*8*9*12だが

理想は総流し


カルロスの本馬ブック=ダイヤモンドS/京都牝馬S

先週の地震は勤務中だったが怖かった~

あれで震度3なら6は想像できない怖さだ。

被災者の皆様にお見舞い申し上げます。

さて昨日は温かいかと思ったら

風が冷たく寒かったねえ。

今日からは気温が上がり

花粉が飛びそう。

また来週半ばから気温は下がるようで

皆様お体大切に~

◆ダイヤモンドS

このメンバーなら攻めていこう

◎ブラックマジック

昇級初戦も前に行く

自分の形を貫くのみ

バックにサンタナかけながら応援だ

○ポンデザール

▲ナムラドノヴァン

★メイショウテンゲン

△3*7*10*11*12*14*15

◆京都牝馬S

◎リリーバレロ

人気だが1400向きだ

○リバティハイツ

▲アマルフィコースト

★アフランシール

△1*4*6*7*9*12*14*15

カルロスの本馬ブック=クイーンC /共同通信杯/京都記念

先週の武豊 

日曜きさらぎ賞のヨーホーレイク2着

これは馬券圏内だから仕方ないが

(仕掛けにはやや疑問も)

土曜のエルフィンSエリザベスタワー 

これは断然人気で完敗。

それより穴の2頭が2、3着・・・

3連複39万円は痛すぎるぅ。

暦は春だが馬券の春はいつの日か(泣)。

◆クイーンC 

POG 馬サルビア登場

新馬戦で後の朝日杯FS 馬に勝ったが

近走さっぱりでも

左回りに期待しての◎

○ククナ

▲ステラリア

★スライリー

△イズンシーラブリー

△アカイトリノムスメ

以上保険のボックスも

*土曜日は二黒友引

全日2―2要注意だ

*下記日曜日

◆共同通信杯

◎キングストンボーイ

伸びしろあり 

まあ困った時のルメール頼み

○実績ならステラヴェローチェ

▲シャフリヤール

★カイザーノヴァ

△1*4*7*8*9

◆京都記念

伸び悩みのメンバー?

ならば一発狙いで

◎レイエンダ

自分と相性今一の藤沢和厩舎だが

若手 団野騎乗で新味を期待だ

○ラヴズオンリーユー

▲モズベッロ

★ダンスディライト

△2*7*9*11

カルロスの本馬ブック=訃報 チック・コリア

世間は五輪組織委員会 森会長の件で大騒ぎ。

ボヤから大火災になってしまった。

それは置いといてネットニュースを確認すると

チック・コリア氏の訃報が飛び込んできた。

79歳、がんとのこと。

最初に「リターントゥフォーエバー(RTF)」を

聴いたのはNHK ―FM のジャズ番組だった。

ジャズファンならゲッツやマイルスで

既に彼を知っていただろうけど

こちらは当時ロック野郎だったから

新鮮な印象だった。

後日知ったがサークルから一変の音楽性には驚嘆であった。

その前のソロもいいが好きなアルバムは

「ライトアズフェザー」。

勿論「スペイン」は代表曲だがフローラ・プリムの

ボーカルが光る「500マイルズハイ」は

ファレルのソロもお気に入り。

(自分のCDはチックのバッキングが同等?の録音だけど)

彼女のライブバージョンもお薦めだ。

その頃チックのプレイはエレピの代名詞だった。

華麗かつ知的なプレイというのが

自分のイメージだ。

他には「フレンズ」はやや地味だが

楽しめる。

エレクトリックでは「輝映の銀河」。

日本公演はハービー・ハンコックとの

武道館デュオに行ったぐらいかな。

失敗談としては当時高価な4枚組LP を水漏れ?で

ジャケットを破損させたのにはまいったね(泣)。

さあ今夜はマイルスの「ブラックビューティ」で

追悼したい。

さよならチック~


カルロスの本馬ブック=東京新聞杯/きさらぎ賞

やっと終日休みが来た。

全日じゃないものも含め

12日連勤はやっぱジジイには厳しい。

ジジイと言えば五輪の森会長の発言。

あっしもそうだけど昭和前半の人間なんだよなあ。

ボブ・ディラン「時代は変わる」

おっしゃるとおり~

*フィル・スペクター死去かあ。

俺の関心はハワード・ジョンソンの方

ガトーのアルバムで追悼してます。

◆東京新聞杯

惨敗後だが今一度狙いたい

ロードマイウェイ◎

スタート課題も府中で何とかならないか

軸なら富士Sでお世話になったヴァンドギャルド○

▲トライン

★ニシノデイジー

△1*2*4*9*10*11*12*14*16だが

とにかく手広く流そう

◆きさらぎ賞

POG 馬◎ヨーホーレイク登場

○はG Ⅱ、G Ⅲならダノン

川田ジェネラル

▲ランドオブリバティ

★タガノカイは好調教

若手泉谷に注目だ

△1*2*7*10


« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ