« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

カルロスの本馬ブック=中山記念/阪急杯

先週土曜は府中に参上も完敗・・・

日曜も危ない状況だったが最終で挽回。

東京で砂の大野は当たり前?だったが

やや人気薄福永との馬連ゲット~

小倉は前日相手が抜けて意気消沈だった

若手西村淳也がその日も2着で大穴

3万円の馬連ゲット!

まあ日曜だけはプラスであった。

それにしても最終の減量騎手はよう来るわ。

菊沢一⇒木幡育も一時は穴をあけたね。

ただ今週最終の西村はそれ程穴馬の騎乗ではない。

いやいやヒモに人気薄を連れてくるのわ確実だ!?

◆中山記念

豪華メンバーも馬券的には?

観るレースかなあ

◎ステルヴィオ

○ディアドラ

この2頭は馬券に絡む!?

▲ウインブライト

△エポカロードのBOXをまず購入

★に出遅れ惨敗のマルターズアポジー

逃げ馬はこういうケースが怖い

◆阪急杯

◎古豪ヤングマンパワーから

東京新聞杯 勝ち馬と0.4差で阪神にも実績あり

中山固めで荒れるのはここだ!

○ミスターメロディ

▲ダイアナヘイロー

★スマートオーディン

復活あるか

△スターオブペルシャまでBOXも

後は人気サイド ドンキ、ロジ、ダイメイ

できれば手広くいきたい

カルロスの本馬ブック=フェブラリーS(GⅠ)

今週は池江選手の白血病が話題の中心だった。

それに関して桜田五輪相の発言が非難の的だが

麻生さんにしても安倍さんにしても言葉足らずで?

暴言、失言になっちゃう政治家が多いねえ。

でも国会でその追及ばかっかりやってる場合じゃないでしょう。

とにかく池江さんのおばあちゃんの

「五輪どころじゃない。自分より早く逝っちゃ駄目!」

の言葉が実感でしょう。

さてフェブラリーSは藤田菜七子GⅠ初騎乗が話題。

それも人気上位馬だけに結果は如何に・・・

◆フェブラリーS(GⅠ)

上位拮抗ムードも軸はゴールドドリームかで○

コパノキッキングは距離とナナコにやや不安も

このまま突き進むようなイメージもあるので▲

ナナコは砂が結構うまいので逃げるか

追い込むかの極端な戦法で勝機も生まれそう

サンライズノヴァの逆襲に◎

根岸Sの凡走で人気落ちで今回は買い得だ

一発逆転のタイプでハラハラドキドキだが

速いペースからの豪脚復活に期待しよう

★ワンダーリーデルをもう一度狙おう

前走で相手なりに走ることを証明

△サンライズソア、インティ、ユラノト、オメガ、クインズだが

松山サクセスエナジーも少々

◆小倉大賞典

◎レトロロックに変更

とにかく小倉巧者です

○マイスタイル

▲スティッフリオ

★スズカディープ

△ナイト、エア、タニノ、ブラック、アメリカズに

サイモンラムセス

カルロスの本馬ブック=ダイヤモンドS/京都牝馬S

先週は1800万円の超特大万馬券に
びっくり!!
タラレバだがいつも買ってる
大野と柴田大知できたので
ワイドぐらい買えんかなあ。
さて土曜日曜は4重賞と大変ですわ。
まずは土曜日からどうぞ。

◆ダイヤモンドS
◎カフェブリッツ
蛯名と父のコンビ再現だ
○ユーキャンスマイル
▲グローブシアター
★ルミナスウォリアー
△ソールインパクト、ララエクラテール
Box を保険に

◆京都牝馬S
◎リバティハイツ
成長著しくここでも通用する
○ミスバンテール
▲アルーシャ
★カイザーバル
△レーヌミノル、デアレガーロ
ベルーガ、エイシン
ワントゥワン

・東京フリージア賞
POG 馬エデリー、ホウオウサーベル登場
ワンツーを期待だ

カルロスの本馬ブック=共同通信杯/京都記念/クイーンC

先日元会社の後輩Nさんのお通夜に参列した。

残された奥さん、お子さんたちを思うと辛い

哀し過ぎる出来事となった。

まだ40代かあ、順番に逝こうよ、順番に・・・

さて土曜日は雪予報、競馬どころではないか。

東京は競馬中止、月曜日に延期。

◆共同通信杯

◎ダノンキングリー

好調ダノン軍団 ここもいける

○アドマイヤマーズ

休み明けでそろそろ黒星?

▲フォッサマグナ

★ゲバラ 未知の魅力で

△クラージュゲリエ

◆京都記念

◎ノーブルマーズ

○ステイフーリッシュ

▲パフォーマプロミス

★カフジプリンス

超長期休養明けだが

坂井リュウセイ好調だ

△ダンビュライト、マカヒキ

◆クイーンカップ(月曜日)

◎クロノジェネシス

人気でも北村友一が勝つ

○ビーチサンバ

▲ミリオンドリームス

★ジョディーが面白いかも

△カレンブーケドールと1*2*8

追悼:ミシェル・ルグラン

先日ミシェル・ルグラン氏が亡くなった。

今更言うまでもない映画音楽界の巨匠。

そしてジャズを含めポピュラーミュージックへの

貢献度ははかり知れないものがある。

まるで死を予期していたかのように

昨年ブルーノート東京のライヴに行ったことが

最後の想い出になった。

さて映画音楽では「シェルブールの雨傘」が代表作だが

個人的には「おもいでの夏」を地方の映画館で観て感動し

音楽も印象に残ったものだ。

そしてそのメインテーマをジャズトランペッターの

アート・ファーマーがフリューゲルホーンで

演奏したものが最も好きなカバー曲である。

バラードにおける表現力は今でも特筆すべきものだ。

また、ご本人のジャズアルバムではピアノトリオを推奨。

アルファから発売された「パリジャンブルー」が最高!

人生の機微を感じる「これからの人生」がこのアルバムの白眉。

そうそう1970年代前半の「ライヴインジャパン」を忘れてはいけない。

ここにはルグランの全てが凝縮されている。

とにかく偉大な音楽家に合掌・・・

PhotoPhoto_3Photo_4Photo_5











カルロスの本馬ブック=東京新聞杯/きさらぎ賞

さあ2月に入り競馬も大攻勢をはかりたい・・・

が、どうだろなあ。

只今、ネット競馬予想大会は7段と好調。

まあ1日10本以上万馬券を獲ればこうなるけど

なんせ他の参加者のレベルが高いわねえ。

でもめげずにGO!

◆東京新聞杯

◎レイエンダ

マイルで巻き返す

○ロジクライ

▲インディチャンプ

★テトラドラクマ

この馬も強い4歳、逃げないかも?

△サトノアレス、タワーオブロンドン

レッドオルガ、ロード、ショウナンまで

◆きさらぎ賞

人気サイドの少頭数かな

◎エングレーバー

○ヴァンドギャルド

▲ダノンチェイサー

★ランスオブブラーナ

△アガラス、メイショウテンゲン

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ