« クインシー・ジョーンズat東京国際フォーラム2013/7/31PART2 | トップページ | カルロスの本馬ブック=小倉記念/レパードS »

クインシー・ジョーンズat東京国際フォーラム2013/7/31総括編

Q

●きっかけ

今回のコンサートを知った時は

まったく行く気はなかった。

それは日本のミュージシャンが

企画コーナーをやるというのが

自分にはNGだからである(失礼)。

しかし、たまたまいつもの飲み屋で

呑んでいると自分と同年代ぐらいのカップルが(古い?)

クインシー公演の話をしている。

耳をダンボにしたがよく聞こえない。

でその内じわじわと行きたくなった

今回がおそらく最後だもんねえ。

そんでもって当日券でGO~

●前回とどう違うの?

年齢や時代背景が違うのは当然だが

(歳はこっちもとってしまった)

少し比較してみよう。

A~1981:「愛のコリーダ」のヒットでブラコン色が強い通しのLIVE
      ただし前半はJAZZモードもあり

B~2013:2部構成で1部の日本勢がブラコンモード(小曽根はJAZZだが)

  2部前半はクインシー押しのミュージシャンのプロモーションか

  いろいろなミュージシャンが出演したがJAZZ色が濃い印象

  11曲目から前回の雰囲気に

A:ボーカリストは勿論、インスト陣もリードの主力が来日

  トゥーツ・シールマンス(ハーモニカ)やジェローム・リチャードソン(sax)が

  玄人好みのジャージーなソロを披露

  そして核弾頭ルイス・ジョンソン(b)がピークを演出

B:若手プロモ以外全体的にボーカリスト主体(小曽根のビッグバンドはまずまず)

 前回も参加グレッグ・フィリンゲンス(p)やジョン・ロビンソン(ds)も

 バックに徹して、ジェリー・ヘイは指揮のみ(吹けないのか?)

●ベストパフォーマンス

A:各自のソロもいいが最大の見せ場は

 ロッド・テンパートンメドレー(本人も参加、契約の関係かアルバム未収録)

 マイケルナンバーだけでなく当時のりにのってた

 クインシーのプロデュース作品が目白押し(ベンソン「ギブミーザナイト」等)

 ブラボー!

B:1部を含め随所にマイケルナンバーをちりばめ

  飽きさせないようにしたかな

  ただインスト好きには少し物足りない

  サイーダ・ギャレットは圧巻のステージ

  でもMIPはJ・イングラム

  「ジャストワンス」は以前と変わらぬ

  素晴らしい歌唱でした

  くどいけど「ワンハンドレットウェイ」も

  聴きたかったねっ

  パティ・オースティンは怖かった(笑)

●結論

1部のJミュージシャンも悪くなく

別途Bホールか何かでやったら良かったかも

だって終了が23時じゃたまらん。

俺はまだ近いけど遠方の人はたいへんだよ。

2部の新人プロモを前半にP・オースチンからを後半の

2時間パッケージでいいんじゃないの。

(この形式にした事情はあるんだろうけど)

クインシー御大は昔のスマイリー小原的

指揮はさすがに無理だったが

女性ミュージシャンにベタベタの

女好きは変わりませんでした(笑)。

~伝記を読めば西瓜泥棒で女たらしはわかるよ

結論として32年前武道館公演行って

ほんまに良かった~

インパクトちゃうでえ

以上です。

  

  

    

   

« クインシー・ジョーンズat東京国際フォーラム2013/7/31PART2 | トップページ | カルロスの本馬ブック=小倉記念/レパードS »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クインシー・ジョーンズat東京国際フォーラム2013/7/31総括編:

« クインシー・ジョーンズat東京国際フォーラム2013/7/31PART2 | トップページ | カルロスの本馬ブック=小倉記念/レパードS »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ