« カルロスの本馬ブック=2012競馬総括編 | トップページ | ポポのアミーゴ劇場より読者の皆様へ »

カルロスの本馬ブック=2012競馬総括編2

■馬券この1年

メモを見ると今年の初万馬券は2月

昨年と違ってスロースターター

いつもに戻っていたね。

そして3月には快進撃が始まっていた。

1日4本のかため勝ちが2日もある。

4、5月も好調子は継続。

ギャンブルで食える

夢に近づいた?

が、当然ずっこけて6月は0

7、8月も僅か・・・

ところが9月には一変

万券3本が2日でてきた。

これが10月あたままで続いたが

毎日王冠で府中に行ったあたりから

雲行きがあやしくなった。

やっぱり獲れるものを取り逃がすと

ろくなことはないよね。

そしてこの何年かのパターン

年末まで沈んでいっちゃうんだよね。

まあ数だけは前年180%

でも中身がなあ・・・

来年はどうなんだろう?

「同じだよ」

はいぃ~

■競馬エトセトラ

・WIN5

いやあ見事に全敗(苦笑)。

前に書いたが5戦4勝したのが

唯一惜しいチャンスだったね。

なんせ1レース目1番人気を

無視したのが効いたんだから。

来年も連敗記録を続けるんだろうなあ。

・BS11競馬中継

昨年も書いていたけど

今年はレース後ラジオNIKKEIの

アナウンサーにコメントをもらうようにして

番組が締まって良い傾向と思う。

が、しかし最終オッズをアナが読み上げると

決まってレッド吉田がブツブツ・・・

<子供じゃねえんだから静かにしろ>と

メールを送ったがはじかれた。

そう苦情は受け付けないらしい。

だったらグリーンチャンネルという人もいるが

有料で見る程の内容ではない。(以前契約あり)

以前のUHF競馬中継に戻らないかなあ。

まあ無理だけどねえ。

・競馬界の著名人

貧乏人はひがみ根性があっていけない。

吉田照哉や藤沢和雄、岩田康誠なんかを

見るとなんかむかついてくる。

(調教師でも池江師はそんなことはないが。)

彼らは勝ち組であろう。

うまい外国人やリーディング上位の騎手を

使うことは勝ちたい馬主には当然のことだ。

しかし昔二本柳俊夫師は

シリウスシンボリの騎手で

和田オーナーと対立。

岡部を乗せず自厩舎の加藤和を乗せ続けた。

(一時期岡部もあったが)

ダービーは加藤で優勝!

藤沢さん騎手育成も大事な仕事でしょう。

まあ、あなたにはわからんよねえ。

・来年の期待馬

2012122528_033

頼むでえ、ホンマに。

« カルロスの本馬ブック=2012競馬総括編 | トップページ | ポポのアミーゴ劇場より読者の皆様へ »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルロスの本馬ブック=2012競馬総括編2:

« カルロスの本馬ブック=2012競馬総括編 | トップページ | ポポのアミーゴ劇場より読者の皆様へ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ