« カルロスの本馬ブック=宝塚記念 | トップページ | カルロスの本馬ブック=CBC賞/ラジオNIKKEI賞 »

カルロスの本馬ブック=6/30(土)号

今日で2012年も折り返し地点

いやあ歳をとるとあっという間やねえ。

梅雨の合間の好天かあ。

ところが今週は有名人が次々亡くなり

寂しい1週間だった。

俳優地井武男さん

ちい散歩も人気番組だが

「北の国から」はらしい演技

だったような記憶がある。

コメディアン小野ヤスシさん

ドリフターズの初代メンバーだったこと

若い人じゃ知らないよねえ。

ドリフもコミックバンド時代が良かったね。

対抗したドンキーカルテット

なかなか面白いバンドでした。

伊藤エミさん

ザ・ピーナッツ まさに女性ポップデュオ

グループの草分けでした。

余談だが自分の従姉妹に双子がいて

ピーナッツみたいだねって

親戚で盛り上がっていたような。

「恋のバカンス」「恋のフーガ」も名曲だが

「ふりむかないで」がキュートでいいな。

そしてシャボン玉ホリデー・・・

なんかTVでは映像を放送できないとか

(紅白なんかも)。

よくわからんけど完全引退?で

そうゆう契約なのかなあ。

皆さん楽しい時間

ありがとうございました。

ゆっくりお休みください。

■日曜のレース回顧

宝塚記念 オルフェーヴル復活V

池添も池江師や厩舎スタッフ

馬主サンデーレーシングも

勿論ファンモ嬉しいが

一番喜んだのはJRAかな?

直線比較的インをついたことも正解

我が◎フェデラリストは見せ場なしの完敗

秋には出直しだね

ルーラーシップ健闘2着も

オルフェが格の違いみせたね

結果▲-○-★だったが

これで春のGⅠ6勝4敗

勝率驚異の6割!で終了

有終の美は飾れなかったが

GⅠ当たらん自分としては上出来でした

ところが他のレースは悲惨

特に日曜の福島最終レース

あたま、ヒモ(人気薄)は正解も

あとの1頭をミスり3連複9万馬券を獲れず・・・

3,4,5月の好調さが嘘みたい

でもまだ今日1日あります なんてね

◆本日の狙い

・函館:TVh杯

重賞人気薄で3着ビスカヤ

ハンデ53Kならばここも・・・

が捻ってアラマサローズ

こちらも函館巧者

馬券は上記2頭中心に

マッキーコバルト、フォーエバーマーク等

人気馬に穴はレッドヴァンクール

函館は初めてだが札幌2着2回

洋芝適正から注意が必要

・福島:テレビユー福島賞

ここに出るかダンスファンタジア

ただし早熟の雰囲気も

軸はミトラとボストンエンペラー

相手にジュエルオブナイル

トウショウフォアゴ

ゲットフルマークス

ビラゴーティアラまで

・中京:白川郷S

海外遠征前の川田 

(福永は既に長期渡米、松岡は短期間)

ニシノヴァンクールが軸

穴は小牧チョイワルグランパ

« カルロスの本馬ブック=宝塚記念 | トップページ | カルロスの本馬ブック=CBC賞/ラジオNIKKEI賞 »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルロスの本馬ブック=6/30(土)号:

« カルロスの本馬ブック=宝塚記念 | トップページ | カルロスの本馬ブック=CBC賞/ラジオNIKKEI賞 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ