« カルロスの本馬ブック=ダイヤモンドS | トップページ | カルロスの本馬ブック=アーリントンカップ »

カルロスの本馬ブック=フェブラリーS

一昨日の金曜は得意先のオープン。

開店からにぎやかなスマフォ地帯と

対照的にそれなりのこちらの売り場。

まあ時代はこんなもんや 

とか思っていたらまもなく11時。

おやっ 商品棚が若干揺れて

また地震かと思って裏を確認

そこで『カルロスのミタ』ものは

高齢の男性が倒れていて・・・

『姉さんたいへんです』

「高島政伸かよ」

冗談言ってる場合じゃないって。

態勢が悪かったため

他のお客さんと一緒に

静かに地面に寝かせていたら

そこの社員さんが飛んできた。

社員が声をかけたら反応があり

後は救急車待ち状態。

担当売り場の隅での出来事

そこから3、40分は見守り

ようやく救急隊到着。

よく見たらその前に

自分が他の売り場に

ご案内した方じゃないの。

おそらくお孫さんのために

買った商品をしっかり抱えていた。

「やっぱり犯人はあんたかい」

おいおい男ナイチンゲールに

ナニ言うんじゃい。

「ナイ チンゲール?」

そうここのところ

ない珍・・・

「下ネタかよっ」

まあその方は意識も

はっきりしてきたようなので一安心。

でも周りにあんなに人がいても

何かまったく無視する人や

覗き込む野次馬オヤジ・・・

うーんそれが都会なんだねえ。

ウォ ウォー~

♪ウォー イズ ゲト~

以上、現場終わります。

■土曜のレース回顧

ダイヤモンドS

本命不在の下馬評どおり

15番人気のケイアイドウソジンが

逃げ切って大波乱

吉田豊久々のビッグプレイ

長距離の逃げ馬とはいうけど

(プリティキャスト、イングランディーレ等)

お見事でした

ギュスターヴクライは苦戦する4歳馬の中で

人気を背負い2着は健闘の部類

この馬相手なりに走る感じなので

大レースでも掲示板は可能かな

◎ピエナファンタスト

5着はまずまずも道中後過ぎだね

◆フェブラリーS

トランセンドはドバイWCが目標

勿論ここも勝たねばならないが

新星誕生を期待した

3歳マイル王 注目の参戦:グランプリボス◎

今年の4歳馬は芝で苦戦中

ただ明け4歳だけにこれからの成長次第で

結果がかわる可能性もある

ただダートは6歳の天下

またこのレース芝からの参戦組は

まったく通用していない

それでも砂も通用する

驀進王産駒に夢を見る

今週もウチパクだ

○藤田トランセンド

勿論圧勝するかも知れないが

2着付けの馬単が面白い

▲和田ワンダーアキュート

△福永ダノンカモン

 川田トウショウカズン

 豊エスポワールシチー

 康太シルクフォーチュン

★ヤマニンキングリー

府中だけに2000m勝ちを

味方にタフな父

C・デムーロの一発も注目

オッズを見ると買いたくなる程

人気のない馬たちからは

3枠2騎を△追加

◎○1、2着裏表の3連単が主力

◆本日のWIN5

9→8→11→7→13

« カルロスの本馬ブック=ダイヤモンドS | トップページ | カルロスの本馬ブック=アーリントンカップ »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルロスの本馬ブック=フェブラリーS:

« カルロスの本馬ブック=ダイヤモンドS | トップページ | カルロスの本馬ブック=アーリントンカップ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ