« カルロスの本馬ブック=フェブラリーS | トップページ | カルロスの本馬ブック=中山記念/阪急杯 »

カルロスの本馬ブック=アーリントンカップ

時代は変わる といっても

ボブ・ディランの歌ではない。

伝達、通信手段のことである。

昔は狼煙や伝書鳩

「そんな昔かあ」

よく使ったもんだ。

「よく使った?いつの時代の人間や」

そんな中 今は携帯

「時代がやけに飛ぶねえ」

それもスマフォだとか。

拙者もご多聞に漏れず

先日スマフォ軍団に参入。

「へえ大丈夫か流行のものなんか」

駄目です、もうたいへん。

「そうだろ、そうだろう」

使っていた携帯、ボロボロのため

清水の舞台を飛び降りる覚悟で購入。

「そんな大げさなもんかい」

J・フォン→Vodafone→ソフトバンクと

同じラインできたのでそのまんま東。

でもこいつ、ちょっと横向いてたら

縦のものが横になり

気がついたら電源切れてる。

またメール打つにも指が大きすぎて?

キーボードがうまくサミー操作できん。

(わかるよねえ)

ああ憂鬱のボノ状態。

「アチャー」

でも便利なことに手書き

インプットができる。

「まあミニパソコンだからね」

ところが<た>と打ったら

300個ぐらい単語がでてきた・・・

目がテン トウ虫のサンバ

「あんたにゃ無理だ」

うーん でもやりまっせ。

この携帯がおそらく人生 西郷輝彦?

「もういいってば」

以上、現場終わります。

■先週のレース回顧

フェブラリーSはテスタマッタがV

大本命トランセンド 懸念された外枠を

うまく御せずスタートから仕掛けどおし

直線も伸びを欠き

この時点で他の有力馬にチャンスが生まれた

ダノンカモンやワンダーアキュートの

騎手は勝てると踏んだかも

そこへ外から岩田テスタマッタ

漁夫の利であろうが勝ちは勝ち

康太シルクフォーチュン2着

◎グランプリボスは先行して撃沈

それにしても岩田 人気がないと

いいプレイをするねえ(失礼)

◆アーリントンC

大方はNHKマイルCを目指す

グループといえるか

大本命不在でほぼ全馬にチャンスあり

ここは馬券圏内死守だ:アルキメデス◎

人気もそんなにはなく

気楽にのれる立場

問題はスタートで掛かるか

その気性だけにマイルはいいかも

○ダローネガ

▲オリービン

△ブライトライン

 ジャスタウェイ

★ダイワマッジョーレ

帰ってきたピンナで一発も

まあBOXが正解かも

◆本日の狙い

・中山:千葉S

今年好スタートの武豊

マルカバッケンを軸に

アーリーロブスト、コンフォーコ

穴はアウトクラトール、ジェイケイセラヴィ

ゼンノ、タイセイの人気馬を押さえる

・中山:水仙賞

大混戦だけにどこからでもいける

軸はレッドフォルツァでいこう

・阪神:御堂筋S

やっぱ軸ならダコール

穴ならケンブリッジレーザ

« カルロスの本馬ブック=フェブラリーS | トップページ | カルロスの本馬ブック=中山記念/阪急杯 »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルロスの本馬ブック=アーリントンカップ:

« カルロスの本馬ブック=フェブラリーS | トップページ | カルロスの本馬ブック=中山記念/阪急杯 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ