« カルロスの本馬ブック=チューリップ賞/オーシャンS | トップページ | カルロスの本馬ブック=中京記念 »

カルロスの本馬ブック=弥生賞

先日終わった冬季五輪、

女子団体パシュートは

ほんまに惜しかった。

その彼女たちを称して

翌日の新聞にはスケ娘の文字が踊る。

カー娘の次はスケ娘か

つまりスケべえな娘たち?

「それ違います」

ところで我が家にも

ようやく地デジが入った。

「ジでっか?」

そうそうイボに切れに・・・

「?それ違います。」

■土曜のレース回顧

・チューリップ賞

やっぱトライアル仕様だったか

それとも馬場が合わなかったのか

アパパネ2着は想定内も

ショウリュウムーン勝利は想定外

木村健は2レースで700万馬券の

片棒を担ぐ大活躍

地方騎手のハングリー精神は

あらためて要注意だね

馬も魅力的な配合だが

やっぱ桜本番は

アパパネとアプリコットの

2頭中心に進んでいきそう

・オーシャンS

58Kであの馬場の中

キンシャサノキセキ

見事な末脚でした

これで高松宮記念の

1番人気確実?

◆弥生賞

ヴィクトワールピサが

アパパネしちゃうか?

それともここは勝ちにこだわるか

馬場を見方に大器出陣:ミッションモード◎

僚馬リリエンタールが回避

パワー型のこの馬の出番だ

さえない我が今年のPOG馬たち

ここも選択の一つという

藤沢和陣営を信じ

期待馬がここで意地を見せる

○ピサ ▲エイシンアポロン

人気低落に反発:ダイワバーバリアン★

距離課題もGⅠ3着の中山で復活も

△アドマイヤテンクウ

血統から芝もOKビッグバン

今回でそこそこくれば先が楽しみ

そして逃げ候補コスモヘレノス

・大阪城S

前走推奨 芝でも走った

タガノサイクロンにもう一丁

相手上位にナイアガラ、Mライジン

・アルメニア賞

ルーラーシップ再始動

着差ともかく勝ちが最低ノルマだろう

人気のセイルラージ、ヴァンダライズと

マシュケナーダに流すが

穴にデンコウオクトパスをマーク

« カルロスの本馬ブック=チューリップ賞/オーシャンS | トップページ | カルロスの本馬ブック=中京記念 »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルロスの本馬ブック=弥生賞:

« カルロスの本馬ブック=チューリップ賞/オーシャンS | トップページ | カルロスの本馬ブック=中京記念 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ