« カルロスの本馬ブック=菊花賞PART1/富士S | トップページ | カルロスの本馬ブック=天皇賞・秋PART1/スワンS »

カルロスの本馬ブック=菊花賞PART2

プロ野球CSも昨日で終了。

結局日本ハム、巨人の

リーグ首位同士の対決になり

一番良い形になったと思う。

ただ今年の功労者はやっぱ

野村監督じゃないの。

仙台の経済効果は勿論

TV,スポーツ新聞等を考えると

たいへんな貢献やもんなあ。

本日は素直にお疲れ様と

言いますわ。

「らしくねえ~」

さようか~い

・富士S回顧

人気薄の◎マイケルバローズ

僅差3着も悔しい決着でした。

と言うのも直線 前がつまり

抜け出せない感じで

2着はあったと思うだけに

自分の目では騎乗ミス。

人気もないから勝浦サン

結果はともかく大外勝負でしょう。

ただ東京新聞杯で押した

アブソリュートを重い印にしなかった

あっしの予想が甘いのには反省。

(この馬 単勝向きの馬だけに)

久々に買った複勝馬券に納得、

一方馬連馬券は寂しくゴミ箱に

散り去りました・・・

◆菊花賞PART2

前売りではリーチら3強に

ナカヤマフェスタが追いかける図式

武豊土曜5勝とのってきた

リーチザクラウン

この馬3000mで折り合えるか疑問

とにかくマイペースが好勝負の条件

イコピコ 勢いは一番

マチカネフクキタルみたいに

トライアルとの連勝もなくはないが

母系で買えず2走ボケもありそう

上記2頭は△でいいだろう

皐月との2冠達成へ:アンライバルド◎

馬場だけが気になったが

とりあえず問題なさそう

皐月賞の走りをすれば

まずは勝てるメンバー

直線抜け出しが目に浮かぶ

次にマンハッタンカフェ産駒2騎

○アントニオバローズ

前走は人気になり過ぎ

ここは角田 無欲の騎乗に期待

▲ヤマニンウイスカー

イコピコのクビ差2着もあり

抽選突破でツキもある

△長距離ならスリーロールス

出世は来年かと思うフォゲタブル

意外性の魅力:トライアンフマーチ★

母キョウエイマーチからは買いづらいが

角居厩舎の長距離戦は怖い

最近音なしの武幸もそろそろ暴れるか

そして穴にもう1頭推奨は

な なんと最低人気イグゼキュティヴ△

(複勝でも40倍はかたい?)

この馬アンライバルドに勝っています

たしかに2歳時だけに早熟傾向だが

今年はイコピコの4着もあり

嫌いなラフィアン岡田御大の馬だが

今年天皇賞馬を出したチーフベアハートと

好きなアスワンの配合に賭けたい

菊V3に挑戦 結果はいかに

・京都:かえで賞

康太アーリーデイズで勝負

人気のファイティングピサ

エーシンダックマンが相手

・福島民友カップ

ここはダイワマックワン軸

モルトグランデとの7-7が本線

ソルジャーズ、アポロ、ピサノに

穴でメイショウトッパー

« カルロスの本馬ブック=菊花賞PART1/富士S | トップページ | カルロスの本馬ブック=天皇賞・秋PART1/スワンS »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルロスの本馬ブック=菊花賞PART2:

« カルロスの本馬ブック=菊花賞PART1/富士S | トップページ | カルロスの本馬ブック=天皇賞・秋PART1/スワンS »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ